よく相談される巻き爪のお悩み | 東京巻き爪センター

よく相談される巻き爪のお悩み

Ranking No 1

矯正は痛いですか?

手術のような外科処置は一切行いませんので、施術中の痛みはほとんどありません。ただし、矯正用のプレートを装着する際に、趾(ゆび)や爪を触ったりおさえることがありますので、ご自身で少し触るだけでも痛いという方は、多少痛みを感じることもあります。

>>当センターの矯正方法についてはこちら

Ranking No 2

痛みはすぐにとることができますか?

当センターで施術を受けられた方には、矯正により痛みがなくなったという声を頂いております。痛みの軽減には個人差がありますが、爪の食い込みによる痛みであれば、矯正で改善することが可能です。

>>当センターで施術を受けられた方の声はこちら

Ranking No 3

今日矯正してもらえますか?予約なしでも大丈夫ですか?

当センターは予約制となっておりますので、お越しになる前に、必ずご連絡ください。当日でも、予約の枠が空いていれば、ご案内することができます。もし事前にご希望の日時が決まっていましたら、予約を取って頂くことをおすすめします。
ご予約の際は、電話にてご連絡頂けますと、スムーズにご案内できます。

東京巻き爪センター 03-6447-4083

Ranking No 4

どれくらいの期間で良くなりますか?

爪の巻き方、厚さ、硬さ、大きさによって個人差がありますが、大体の目安は以下のようになります。
軽度 3~5ヶ月
中度 4~6ヶ月
重度 6ヶ月以上
※通院頻度は、4週間に1回です。

Ranking No 5

矯正にかかる金額はいくらですか?

巻き方の程度にもよりますが、矯正用のプレート1枚につき5,000円~(税別)となっております。

>>料金案内はこちら

その他

陥入爪だと言われたのですが・・・

陥入爪は、巻き爪と併発することが多い爪の症状です。深爪になっている方に多く発症し、炎症や出血を伴います。爪の角が周囲の皮膚にくい込み、傷つけてしまうことで、痛みや炎症が出ます。
陥入爪や出血などの症状がある場合は、矯正をする前に、皮膚科などの医療機関で適切な処置をする必要がありますので、ご予約の際に、爪や周囲の皮膚の状態をお伝えください。

保険は適用できますか?

保険適用外となります。
保険適用外となります。巻き爪矯正に関しては、皮膚科などの医療機関でも、手術以外の方法は保険適用外となることが多いです。

1回の施術にかかる時間はどれくらいですか?

爪1枚であれば、約30分となります。

痛みがなくなったら通わなくても大丈夫ですか?

再発させないためにも、矯正がしっかり終わるまで通われることをおすすめします。当センターで矯正を受けられたほとんどの方が、初回の施術で痛みの消失あるいは軽減を実感して頂けております。しかし、矯正初期で痛みが軽減するのは、矯正用プレートの効力により、皮膚にくい込んでいる爪を強制的に浮かせているためです。そのため、痛みがなくなってすぐに矯正をやめてしまうと、また爪が元に戻ってしまう可能性が高いです。

伺う前に、爪を切って整えた方がいいですか?

矯正をする爪に関しては、当センターで爪の形を整えますので、切らずにそのままお越しください。ただし、ネイルなどの装飾がされている場合は、施術が出来ませんので、必ず落としてからお越しください。

かなり深爪しているのですが、矯正は可能ですか?

大丈夫です。ワイヤーによる矯正では、爪が伸びていないとできないと言われることがありますが、当センターのB/Sスパンゲ法であれば、深爪でも施術可能です。

爪周囲の皮膚が腫れていますが、矯正できますか?

腫れているだけであれば、矯正は問題ありません。出血や化膿している場合は、皮膚科などの医療機関で治療をしてもらうか、揮発性の消毒液(マキロンなど)でしっかり消毒してください。

出血・化膿していますが、矯正は可能ですか?

まず、皮膚科などの医療機関で治療を受けて頂き、薬を処方してもらうか、揮発性の消毒液(マキロンなど)でこまめに消毒してください。
ご相談頂ければ、状態の確認をいたします。
ご連絡は電話(03-6712-5899)かメールによる無料相談をご利用ください。
※メールの場合、後日担当者よりご連絡差し上げます。

現在、病院で処方された薬(飲み薬、塗り薬)を使用していますが、矯正できますか?

飲み薬に関しては、服用しながらの矯正が可能です。
塗り薬に関しては、矯正用のプレートを装着する際、はがれる原因となる場合があるので、出血や化膿などの症状が治まってからの矯正となります。ご不安な場合は一度ご相談ください。

過去に何度か治療してもらったことがあるのですが、再発してしまいます。

巻き爪は、多くの場合、根元から巻いていますので、生え方が変わらなければ、手術や、ワイヤーで先端を広げるなどしても、爪が伸びれば再発してしまいます。変形した爪を、根元からしっかり矯正できれば、再発する確率はかなり低くなります。

病院(皮膚科・整形外科)で診てもらったら、手術するしかないと言われたのですが・・・

手術で爪を一部切除しても、また爪が生えてくれば、再発する可能性があります。また、切除した部分の爪が生えてこない場合でも、幅が細くなった爪が巻いてしまう可能性があります。当センターでは、爪を切除することなく、爪の根元から矯正することが可能です。手術に不安のある方は、一度ご相談ください。

施術後は靴を履いて帰れますか?

大丈夫です。施術当日から、靴を履く、歩く、走るなど、これまでどおりの生活をして頂けます。

矯正中、生活に制限はありますか?

矯正は、半透明なプレートを爪に装着するだけですので、ほぼ制限はありません。運動はもちろん、ネイルも可能です。

お風呂は入っても大丈夫ですか?

施術当日から、シャワーを浴びたり、洗ったりしても大丈夫です。入浴に関しては、短時間であれば問題ありませんが、長時間の入浴やサウナなどは、プレートがはがれやすくなりますので、なるべく控えてください。

海やプールは入っても大丈夫ですか?

長時間水につかってしまうと、はがれやすくなりますので、なるべく控えてください。

ハイヒールやパンプスを履くことがおおいのですが、矯正中も履いて大丈夫ですか?

痛みがある場合は控えてください。痛みが無ければ、履いても大丈夫です。

子供が巻き爪です。運動系のクラブに入っているのですが、矯正中はクラブを休む必要がありますか?

基本的には、運動は継続して問題ありません。矯正をしながらフルマラソンを完走した方もいます。ただし、サッカーやフットサルなど、つま先でボールを蹴るスポーツや、水泳など、水につかるスポーツは、他のスポーツに比べ、矯正用プレートがはがれやすいです。

自分では巻き爪だと思うのですが、今のところ生活に大きな支障はありません。それでも矯正した方がいいですか?

生活習慣やスポーツが原因で巻き爪になった場合、その環境が続くと、症状が悪化し、痛みが出たり、炎症が起きてしまう可能性があります。そのようなリスクを減らすには、痛みが出る前に矯正するのが良いです。少しでも不安がある方は、お気軽にご相談ください。

bnr

bnr02_new